法人の実質的支配者とは

実質的支配者とは、法人の事業活動に支配的な影響力を有すると認められる地位にある者(注)をいいます。

本ページにおける「者(注)」は次の①〜③に該当する者をいいます。

  • 自然人
  • 国、地方公共団体、上場会社
  • 前②の子会社

お客様(法人)の「実質的支配者」が上記①である場合、氏名、生年月日、住所の入力が必要です。
上記②、③である場合、法人名称と所在地の入力が必要です。

資本多数決法人(株式会社、有限会社等)の場合

QUESTION

01
議決権の総数の2分の1超を直接・間接に保有する者(注)がいますか?
ANSWER
その者(注)が実質的支配者になります。

QUESTION

02
議決権の総数の4分の1超を直接・間接に保有する者(注)がいますか?
ANSWER
その者(注)が実質的支配者になります。
(複数いる場合は、全て該当します。)

QUESTION

03
出資、融資、取引その他の関係を通じてお客様(法人)の事業活動に支配的な影響力を及ぼす者(注)がいますか?
ANSWER
その者(注)が実質的支配者になります。
(複数いる場合は、全て該当します。)
ANSWER
代表者が実質的支配者になります。

資本多数決法人以外の法人(合名・合資・合同会社、一般社団・財団法人、学校法人等)の場合

QUESTION

01
(1)4分の1超の収益・配当を受ける権利を直接・間接に保有する者(注)がいますか?

または

(2)出資、融資、取引その他の関係を通じてお客様(法人)の事業活動に支配的な影響力を及ぼす者(注)がいますか?
ANSWER
その者(注)が実質的支配者になります。
(複数いる場合は、全て該当します。)
ANSWER
代表者が実質的支配者になります。