新しいチャレンジのためにはある程度の資金が必要。ALTOAはその余裕をくれる。

株式会社トオセヨ
金 周鎬 様

新しいチャレンジのためにはある程度の資金が必要。ALTOAはその余裕をくれる。

株式会社トオセヨ
金 周鎬 様

和食を学びに日本へ
帰国はせずに韓国料理店をオープン

 私は現在、御徒町で「満月」という韓国料理店を経営しています。 来日したのは13年前で、料理を学ぶためにまずは日本語学校へ通い、その後、服部栄養専門学校で和食を勉強しました。 卒業後は韓国で日本料理店を開くか、このまま日本に残るか迷ったのですが、 語学学校を含めて卒業までに6年かかった時間を無駄にしたくなくて、日本に残ることを決めました。
 学生時代、東上野にある「満月」1号店で5年ほど厨房長としてアルバイトをしていたのですが、 当時は今よりも就労ビザをとるのが難しく、学校を卒業するとビザの関係でそのまま働くことができなかったのです。 そこで1号店の孫社長がのれん分けのような形で独立を支援してくださって、 私は株式会社トオセヨを設立し、自分の店を持つことになりました。私はそれまでずっと厨房にいたので、 ホールの準備や経営に関しては知らないことだらけ。それらに関しては孫社長がいろいろと教えてくださいました。 今も経理は社長が見てくださっており、私は1号店のメニュー開発や料理人が変わったときの指導を担当するなど、 お互いに協力しあっている状況です。
 独立を決めて、実際開店するまでにかかった期間は8ヶ月くらいでしたね。 開業にあたっては「初期投資をなるべく抑える」ことが大きなポイントでした。 永住権を持っていたり在留年月が長い人はまた違うでしょうが、私の場合は在留年月も短く、 しかもその期間は学生でしたから、起業するにあたっても融資はなかなか受けられないだろうと思ったんです。 そこで基本的に初期費用はそれまでの貯金と、家族から借りたお金でまかなうことになるだろう、と。 いろいろ物件を探しましたが、今の店舗に決めたのもまずは保証金が安かったこと。 内装もほとんどいじらず、壁なども自分で塗れるところは塗ったり、 メニューなども全てパソコンを使って自作しました。

お客様を呼ぶため
重視しているのは清潔感と季節感

 オープンしてから7年目になりますが、開店から2年半経った頃が一番大変でしたね。 お客様も増えないし、どうすればいいんだろうと悩む日々でした。その頃が一番辛かったです。 当時、ランチの入りは割とよかったので、そのお客様を夜につなげるために一番意識したのが店内の掃除でした。 焼肉なども出すので、どうしても店内が油っぽくなりがちなのですが、 厨房もホールも脂っぽさを残さないように徹底的に掃除をして、店内をきれいに保つようにしました。 「ランチで来てみて、きれいなお店だったから夜も来ようと思った」というお客様の声が意外と多いんですよ。 また、季節ごとに花を飾ったり、食器も韓国から定期的に仕入れて変えるなど、飽きられないような工夫もしています。 開店当初、ランチは女性のお客様が多かったのですが、最近は彼女たちが連れてきてくれた男性の方々が、 夜も飲みに来てくださるようになって常連さんになってくれています。

資金の余裕は「できること」の選択肢を増やしてくれる

 開店当初はなるべくお金を使わないようにしていましたが、ある程度お金が貯まったらこれをしよう、 あれをしようということは考えていました。実は1年ちょっと前に床の張り替えをしたんです。 以前は黒い色の床で、どれだけ掃除をしても汚い感じに見えてしまっていたのですが、 木の床に変えてから店内も柔らかい雰囲気になったと思います。これまでで一番お金がかかった修繕ですね。
 今回、ALTOAで借入れしたのは消費税増税への準備と同時に、 自分の手元に万が一に備えてある程度のお金をおいておきたいという気持ちもありました。 とりあえず資金があればいろいろ心配せずに新しいチャレンジができますから。
 申込みは弥生の会計データだけ準備すればよく、面接もなしで借りられるのは楽でしたね。 銀行からの融資は準備が必要な書類も多く、提出した後も検討期間が長かったりするのと比べ、 ALTOAは入金までのスピードも早くて驚きました。唯一戸惑ったのは、 本人確認資料としてマイナンバーカードが必要だったことです。 外国人の場合、だいたいの本人確認は在留カードで済ませられるため、 マイナンバーカードが必要と言われたのは初めてで、ちょっと意外に思いました。
 とはいえ、それ以外は本当にスムーズでありがたかったです。資金に余裕が持てると、 この先の「できること」の選択肢も増えていくはずですから。

ALTOA(アルトア)は、会計データを利用した事業者向けオンライン融資サービスです。 申込みはオンラインで完結し、最短即日にて融資をご利用頂くことも可能です。 サービスの詳細はこちらをご確認ください。

まずはご登録を。

データ連携し、お借入可能額を確認。
利用したいタイミングでいつでもお申込み。

お借入可能額の確認に手数料等は一切かかりません。