若い成長期にある会社を応援してくれるアルトア

合同会社きぼうソフト
香月 貴義 様

高校時代からiPhoneアプリの開発を仕事に

 子どもの頃からMacを使っていて、中学時代にはすでにMac用のアプリを作ったりしていました。 その後、通信制の高校に通いながらITベンチャー企業で働きはじめ、日本での発売当初からiPhoneのアプリ開発を手がけるように。 また、10歳くらいのころから独学でWebサイトを作るプログラム言語も勉強していて、 中学時代にはPerl、PHP、高校時代にはRuby on Rails(ルビーオンレイルズ)という日本生まれの言語を使ったWeb開発なども趣味でやっていました。
 その後、21歳でフリーランスエンジニアとして独立。 当時はiPhone向けアプリの需要が高く、企業からの開発依頼も多かったですし、 同時に渋谷や横浜にできはじめていたコワーキングスペースに登録して、 そこで同業のエンジニアさんやデザイナーさんたちと知り合って、そこから仕事につながることもありました。 そんな風にWebとiOS用のアプリ開発を中心に個人で仕事を続けていましたが、一人では仕事量的に受け切れなくなってきたことや、 規模の大きな仕事をするために法人化したのが3年前です。
 いまはコードを書いたりするよりも、むしろマネージング的な仕事が中心になってきています。 長期的な事業計画を立てるなど、目の前の仕事だけでなく将来のことを見据えて動くというのは大変ですね。 けれど大きな仕事を手掛けたり、新しいことをやっていくためには必要なことですし、やりがいもあって面白いです。 たとえば最近では、営業さんや工場の作業員さんなどの現場で仕事をしている人たちにiPadを配り、それを使って業務管理することも増えてきています。 そういう業務系アプリ制作の仕事はどうしても個人では受けにくい分野なので、そういった仕事が受けられるようになってきたのも楽しいですね。

スキルのあるエンジニアが自由に働ける場所を作りたい

 私自身もエンジニアなので、会社を運営するにあたっては「エンジニアが働きやすいこと」を重視しています。 リモートワークを進めているのもそのためですが、ある程度スキルのある人だったら自由に働ける環境を作りたいんです。 エンジニアというのは転職が活発な業界なので、働きやすい職場さえ作れば、自然と優秀な人も集まってくるだろうと思いますから。 実際に当社の役員の一人は関西在住ですし、他にも東北在住のスタッフもいます。 会議はインターネットのテレビ電話を使ったり、日常的なコミュニケーションもSNSなどで十分取れています。
 採用に関しても、基本はSNS経由です。Twitterやfacebook、また当社が普及を後押ししているMastodon(マストドン)という新しいSNSなどで仕事を探している人に声をかけたり、 向こうから声をかけてきてくれたり。そこはケースバイケースですが、最近ではウェブ上にエンジニアの実績がまとめて公開されているサイトなどもあるので、 そういったところで情報収集をして採用を決めています。ちなみに年齢的なこだわりもなく、複数の10代のメンバーも参画しています。
 MastodonはTwitterのように完全公開でもなく、会員限定の完全にクローズドなコミュニティでもなく、 半公開で半クローズドといったところが面白いと思っています。当社としては今後、Mastodonの発展を継続的にサポートしつつ、 それと関連してなにか新しいことができればと思っています。また最新のiPhoneでは機械学習系の処理速度が去年の9倍になりました。 今後はこうしたAI関連の技術も勉強していかなければと思っています。ちなみにアルトアもAIを使ったスコアリングをしているということで、 AIでどこを見て、どういう判定がでるのだろうという部分に興味があったことも、実は今回アルトアに申し込みをした理由のひとつです。

アルトアには若い成長期にある会社を応援して欲しい

 会社を立ち上げた当初は、法人とはいえ社員は自分一人だったのでそれほど大変ではなかったのですが、 3期目に入り開発メンバーも抱えるようになって、ちょうど今が過渡期なのかなという気がしています。 特に、お金の面で大変さを感じることも多いです。もちろん案件にもよりますが、仕事の規模が大きくなればなるほど入金までの期間も長くなってしまいますから。
 基本、アプリ開発などの仕事は製品の納入後、検収が終わってから入金という流れです。 2〜3ヶ月かけて開発をして、納品の2〜3ヶ月後に入金があるというタイムスパンなので、ちょっとしたトラブルなどで入金予定が狂うことも増えてしまう。 そうなると当社のような小さい規模の会社は大変です。
 今回も少し大口の入金がトラブルで遅れてしまったことと、新規サービスの立ち上げでお金が必要なタイミングが重なってしまったため、とにかく速さが一番重要でした。 フリーランスの頃から弥生会計を使っていて、メルマガなどでアルトアの存在は知っていたので申し込んでみたのですが、1週間もかからず対応してもらえたのは本当に助かりました。
 また、決算書という一時点だけではなく、期の途中のデータを評価してもらえるのも、特に当社のように若くて成長期にある会社にとってはとてもありがたいです。 普通の金融機関だと決算書が3期分揃わないと融資を受けるのが難しいですから。 金利が高めといったことよりも、必要な時に借りられるメリットの方が大きいですね。 当社は業態的にも、最初に大きな資本を借りて一気にユーザー数を増やすといったモデルではないので、 むしろアルトアのように少額でも必要な時にすぐに借りられるタイプの融資の方が心強いです。
 私個人としては、今後、もっと若いエンジニアが増えて欲しいと思っています。 当社がその役に立てればいいなと思いますし、アルトアにも若いエンジニア、そして若い成長期にある会社を応援して欲しいと思います。

まずはご登録を。

データ連携し、お借入可能額を確認。
利用したいタイミングでいつでもお申込み。

お借入可能額の確認に手数料等は一切かかりません。